世界展開向けに多言語ナレーションのビデオを製作

企業が生き残っていくためには、一般的には売上げをアップさせることがその近道になるでしょう。

売上げを上げるためには、新しい市場を開拓していく必要がありますが、日本だけで商売をしていればいつかは限界にぶつかってしまうでしょう。


そのため、グローバルで販売活動をすることが多くの企業に求められるようになるのです。


グローバルに活動をする場合、様々な情報発信も世界に向けて行う必要があるでしょう。一般的には映像による情報発信が効果的ですので、会社案内や製品紹介のビデオを世界各国の言語のナレーションを入れたり、展示会で再生する映像に各国の言葉のナレーションを入れたりしながらグローバル仕様で映像コンテンツを作ると効果的なグローバル展開の支えになるでしょう。そういった多言語でのナレーションに対応してくれる業者の多くは、映像製作も併せて事業として行っているところが多いです。


ですのでそういった業者にすべてアウトソーシングするという選択肢もあります。


依頼から完成は、まず原稿をメール等で送り、それに基づいてナレーション音声の録音が行われ、そのデータを効果音付けや音源付けを含めて編集し、マスターが完成するというのが音源部分の一般的な流れです。


これと映像を最終的に編集していくことで会社紹介や製品のプロモーションビデオが出来上がってきます。


企業によっては、研修教材のナレーションをそういった業者に依頼するケースもあるようです。

















関連リンク

  • ナレーションはテレビ番組などには欠かすことのできないものです。テレビ番組というのは、いわばナレーションによってそのコンセプトや性格が決まってくる側面があり、したがってナレーションの良し悪しに番組の浮沈がかかってくると言っても過言ではありません。...

  • ナレーションというのはさまざまな場所で使用されています。たとえばテレビ番組で映像を紹介するときに使用されたり、企業の商品を紹介するときに、その商品の特徴を紹介してくれたりしてくれるのです。...