今流行りのクラウドサービスとは

最近クラウドサービスといった言葉を聞くようになりましたが、どのような事をしてくれるものなのでしょうか。



簡単にクラウドサービスの事を説明しますと、インターネットを通じてさまざまなサービスをしてくれる事になります。



例えばパソコン上にデータを保存していた場合に、それが欲しい場合はパソコン同士を通信で繋げて送受信しなければなりませんでしたが、データをパソコンではなくインターネット上のサーバーに保存して、違うパソコンからサーバー上のデータを受信できるのです。



このようにパソコンのハードディスクではなく、インターネットのサーバーに写真や映像や資料などのデータを送信して保存して、他のパソコンから受信できるサービスとなっているのです。



またクラウドサービスには個人間ではなく、プライベートクラウドといって企業やグループでサーバー上のデータやシステムを共有する事も可能で仕事の効率もアップできます。



不特定多数のユーザーなどとデータを共有するのがパブリッククラウドと呼び、オンラインストレージやwebメールなどもこれにあたります。



何故クラウドサービスが最近人気になっているかと言いますと、パソコンが壊れてもデータが無くならず、他のパソコンからも閲覧ができ、パソコンの容量や能力を気にしないで良いというメリットがあるからです。



大切なファイルが消えてしまうといった事故を防ぐ事も可能なので、インターネット社会である今に欠かせないサービスとなっているのです。



関連リンク

  • 企業が生き残っていくためには、一般的には売上げをアップさせることがその近道になるでしょう。売上げを上げるためには、新しい市場を開拓していく必要がありますが、日本だけで商売をしていればいつかは限界にぶつかってしまうでしょう。...

  • ナレーションはテレビ番組などには欠かすことのできないものです。テレビ番組というのは、いわばナレーションによってそのコンセプトや性格が決まってくる側面があり、したがってナレーションの良し悪しに番組の浮沈がかかってくると言っても過言ではありません。...