ナレーションに大切なのは発声練習と演技力

ナレーションは映像作品を盛り上げるのに欠かせないものです。


これがあるかないかで、バラエティ番組の面白さは大きく変わってきます。
映画やアニメなどではあまり必要とされないものですが、バラエティやニュース、ドキュメンタリー番組などではほとんどメインを張ると言っても過言ではない存在なのです。



ナレーションをするのは、ベテランの声優さんやアナウンサーであることが多いですが、作品によっては女優さんがやることもあります。ドキュメンタリー番組などでも、女優さんがナレーションをしていて、声優さんに負けないぐらいのパフォーマンスを叩きだしています。声の質や演技力が求められる仕事なので、もともと演技の世界で生きてきた女優さんはこうした仕事にもはっきりとした適性を示します。



ナレーションをして生きていきたいと考えているなら、まずは声優系専門学校に入学をして、発声の基礎からみっちり叩き込んでもらうといいでしょう。



基礎がしっかりしていないと、いくら声質がよくても演技が上手くても、プロの世界ではやっていけないものです。



演技系の専門学校でも、ナレーションの実力を鍛えることはできます。



学校でなくても、どこか劇団に所属すると、毎日基礎的な発声練習はしますから、役に立つことは間違いがないです。



とにかく声を出す練習と、演技の練習は欠かさずに続けていく必要があります。



プロになるまでには10年近い歳月がかかることを覚悟すべきです。



関連リンク

  • ナレーションというのはさまざまな場所で使用されています。たとえばテレビ番組で映像を紹介するときに使用されたり、企業の商品を紹介するときに、その商品の特徴を紹介してくれたりしてくれるのです。...

  • 企業が生き残っていくためには、一般的には売上げをアップさせることがその近道になるでしょう。売上げを上げるためには、新しい市場を開拓していく必要がありますが、日本だけで商売をしていればいつかは限界にぶつかってしまうでしょう。...